株式会社 西日本マックス

解体工事業・アスベスト撤去・建築工事業・土木工事業・産業廃棄物収集・運搬業のことならお任せください!全国どこへでもお伺いいたします。

リサイクル事業|

現在、増加傾向にある産業廃棄物のうち、汚泥、動物の糞尿、建設廃材が全体の約8割を占めるといわれ、建設廃棄物のリサイクル推進・減量化は建設業に携わる者にとって早急に解決しなければならない最重要課題です。

そこで、当社ではこれまでの解体および建設廃材の収集・運搬で培ってきたノウハウをすべてカタチにした廃棄物中間処理場を建設いたしました。

約2000坪の広大な敷地内では1日あたり下表の廃棄物処理能力を持ち、廃棄物ゼロを目指して、さまざまな再資源化のための処理業務に取り組んでいます。

処理品目
廃プラスチック類、紙くず、木くず、金属くず、ゴムくず、ガラスくず及び陶磁器くず、がれき類、繊維くず

処理能力
破砕機4.6t/日(石膏ボード8t/日)、選別機50m3/日、磁選機50m3/日、振動ふるい機50m3/日

西日本マックスシステム

投入材の分別精度95%以上の最新分別機を導入

手選困難な混合廃棄物を振動と吸引で分別処理します。作業の効率化と廃材のリサイクルの推進・減量化を進め、処理費用のコストダウンを図ります。

多様なニーズに応えると共に自然にやさしい土木工事を追求します。

中間処理場をつくるにあたって、私たちがもっとも知恵を絞ったのが、地域住民に対する配慮です。
完全循環型社会の実現を目指す当社にとって、地域住民の理解と共感を得ることは必須条件だと考えております。

この工場を通して、産業廃棄物は決してただのゴミではなく生かせる資源でもあることをご理解いただくことは、業界全体のイメージアップにもつながります。

そこで、当社の処理施設では集塵機を設置するなど、周囲の環境にも配慮した次世代型再資源化工場となっています。

周囲の環境にも配慮した次世代型再資源化工場

捨てればただのゴミも、アイディアと工夫で、いくらでも新しい資源として甦る物があります。
現在では、さまざまな分野での研究が進められ、建設廃棄物の再資源化も多岐にわたり、ゼロ・エミッションも決して夢ではなくなってきています。

当社では、そうした最先端の技術情報に常に耳を傾けながら、それぞれの再資源化に応じた中間処理を行い、限りある資源の有効活用に貢献しています。

石膏ボードを分別した土を使用しており、増量材として再利用されます。

発生した土砂は
現場で盛土として使われるほかに周辺の公共施設や住宅用地など、造成用の盛土材やコンクリート材料として活用されます。

切り開かれた樹木は
新しい道路の植樹に利用したり、木の根や植物廃材は、チップ化し肥料として活用する方法が考えられています。

コンクリート片は
アスファルト片は道路等の路盤材として再利用されます。

発砲スチロールは
溶融機によりPS樹脂化された後、断熱ボードや日用雑貨品として再利用されます。