株式会社 西日本マックス

解体工事業・アスベスト撤去・建築工事業・土木工事業・産業廃棄物収集・運搬業のことならお任せください!全国どこへでもお伺いいたします。

解体工事事業|

1.現地調査
敷地及び解体建物の調査を行い、建物の構造、有害物質の有無、搬入出の経路を確認します。
周辺環境の調査から、近隣の環境保全と第三者災害防止の計画を立案します。
解体施工計画、廃棄物処分計画の立案、安全施工体制の検討をしていきます
2.お見積もり

現地調査の計画に基づき見積書を作成し、工事費用と周辺環境に応じた解体方法をご提案します。

3.ご契約

工事請負契約書にて御契約

4.各種書類作成

法令に基づきリサイクル法、特定建設作業実施届出書等、届出

施工前検討会を実施し、施工計画書及び産業廃棄物委託契約書等作成

搬出経路、仮設計画に応じて道路使用及び道路占用申請

5.準備工事

事前に近隣住民、施設に挨拶廻りにて、工事の内容、作業時間、工期等の説明を行い、工事概要の理解をして頂きます。
また、着工後も騒音粉塵問題に配慮し、できる限り近隣の皆様の要望に応じる事が出来る体制作りを目指します。

ライフラインの最終確認を行い、工事に必要な仮設水道、仮設電気を確保し、同時に仮設ラインのチェックリストを作成します。

6.工事着工

仮囲い、解体養生足場を設置します。

防音シート、防音パネル等の設置により騒音、粉塵対策を行います。

作業エリアの区画養生を行い、第三者災害防止に努めます。

7.有害物質事前撤去

アスベスト除去工事(例)
事前に関係機関に届出・計画書作成/壁・床養生/ セキュリティーハウス設置/湿潤剤散布/アスベスト材(吹付け)撤去/固化材散布/環境測定/アスベスト材搬出/清掃・作業記録作成(行政に提出)

8.内装分別解体

リサイクル率を上げる為に壁材、床材、天井材等は人力で解体分別し、各種車両に積み込みます。

搬出した廃棄物は中間処理場にて、さらに細かく分別され再生される物は再生品に、その他の物は処理計画に準じた最終処分場へ持ち込まれます。

9.重機解体
現場のニーズに適した重機を使用しコストダウン、工期短縮を。
また、可能であれば現場内リサイクルを図ります。
  • 高層ビル解体工事→高層用ハイリフト重機
  • 大型プラント解体工事→鉄骨切断機
  • 橋梁解体工事→圧砕機・小割機
  • 水門解体工事→圧砕機・小割機
  • 地中基礎解体工事→大型圧砕機
  • コンクリート再生処理→自走式クラッシャー
上記重機は全て当社にて保有。県外工事など、あらゆる場面にもご相談頂けます。
10.整地・工事完了

解体後の敷地を整備、整地工事を行います。
チェックリストにて仮設ラインの最終チェックを行います。
完了検査後、引渡しと同時に産業廃棄物処理関係資料、工事写真、完了届等の書類を提出致します。